1年生×2年生スペシャル対談 タレント学科

1年 角 太生輝 愛媛県立宇和高校出身 2年 橋本 有紗 和歌山県立和歌山高校出身

「楽しい」と感じたら、それが自分の輝ける道。

ぼくは声優になりたいという夢があって、大阪エンタテインメントデザイン専門学校に入りました。 将来はテレビに出演したり、歌も歌ったり、マルチに活躍できる声優になりたいです。 橋本さんはどんな道をめざしているのですか?

橋本私は舞台俳優をめざして勉強中です。 最近、本命の事務所から合格をいただきました。 入学当初はDJとかアニメの声優に興味があったんだけど、殺陣やアクションとか体を動かす事が楽しくて、「舞台に立ちたい!」と思うようになったんだ。

自分の得意分野とか個性って、どうやって見つけたらいいんですか?

橋本先生に言われて気づくことが多いかな。 例えば、「橋本さんはボーイッシュだけど、声とか演技は女の子らしくできる。 そのギャップが魅力だよね」とか。 教えてもらうことで自覚することもあると思う。 特に1年生のときは必死だから、自分のことはよくわからない(笑)。 角君は授業、楽しめてる?

はい。 最初は声優も演技も未経験で、思い通りにいかないことばかりでした。 それでも諦めずに続けていたら、最近は手応えのようなものも感じています。 アニメを見ていても今までとは違うところが気になったり。 視点が増えたというか。

橋本それは成長できているってことだよ! あとは、自分が「楽しい」と感じるものはなにか。 それが角君の一番輝ける道だと思う。 それがわかれば、夢中になって追求していけばいい。 私の場合は殺陣であり、アクションだったんだけど。

最初は思い通りにいかないことばかり。

2年間の経験のすべてが、将来に役立つ。

この学校を選んだ一番の理由は、少人数制でした。 学生の人数が多いと、そのぶん先生に指導してもらえる機会が減りますから。 実際に今、学んでいて、先生の目が行き届いていると感じます。ダンスの授業でも、できていなかったらすぐに教えてもらえます。

橋本アフレコとか演技の授業でも、いろんな役が回ってくるから実践経験が積める。 やってみることで、自分に合っているのかわかる。 エンタメ校は授業も多彩だから。

学内外のイベントに出演できるのも、とても楽しいし、将来をイメージできます。 2年生になると「合同オーディション」がありますよね?

橋本2年生の秋頃だね。 声優や俳優、タレントの事務所を学校に招いてオーディションを開催するんだけど、私たちのときはナレーションとセリフの掛け合いを2種類ずつ。 30社以上が来てくれて、20社以上から合格をいただきました。

すごいですね! ただ、将来につながる大事なチャンス、かなり緊張しそうです。

橋本でもオーディション対策の授業で、先生がポイントを細かくアドバイスしてくれるし、見た目、歩き方、立ち姿まで教えてもらえるよ。あと、それまでにWeb配信の番組やイベントに出演したり、私は東京の新人発掘オーディションに出たこともあったから。 その経験が役立った。

なるほど。 ぼくも来年、がんばります!

橋本遊びも趣味もアルバイトの経験も、ぜんぶ演技力につながる。 授業はもちろん、学生生活をまるごと楽しむことが大事かな。

学生生活そのものが勉強みたいなもの!!

大阪エンタメで学ぶに戻る

資料請求 見る

体験入学・学校説明会 見る

2018年度 学校案内 デジタルパンフレット 見る

ページのトップへ