大阪エンタテインメントデザイン専門学校は、エンタテインメント領域で活躍できる「個性あふれるプロ」を創出する専門学校です。

  • お電話での資料請求・お問い合わせ

    0120-930-984 受付時間/9:00~17:30※日曜・祝日除く0120-930-984 受付時間/9:00~17:30※日曜・祝日除く
  •  

    資料請求 お問い合わせ 入力60秒!

大阪エンタテインメントデザイン専門学校

学科・専攻キャラクターコンテンツ学科

キャラクターコンテンツ学科の概要、各専攻についてご紹介しています。

3年制
キャラクターコンテンツ学科 image

マンガ専攻

読者の心をつかむ
キャラを作り、
それを生かす。


マンガ分野

マンガ専攻では、確固たるキャラクターの創造をめざすとともに、キャラクターが活躍するマンガ・原作の基礎技術を修得します。さらに実跡的な演習、実習を通して従来のマンガ表現を知り、新しい表現を考え生み出していきます。



「プロを育てる」ポイント


マンガ制作を経験し、マンガ表現を知る。

マンガ制作を経験し、
マンガ表現を知る。

1年次の 「マンガ演習I」では短編マンガを制作。アイデアから、プロット、ネーム作成、そして原稿制作までの工程を学習します。次に、2年次に履修する 「マンガ演習II」では、従来のマンガ表現(視覚表現)を学んだうえで、各自がオリジナルのマンガ表現に対して考察を深めていきます。




読者や編集者の視点で、作品をチェック。

読者や編集者の視点で、
作品をチェック。

最終年次の「マンガ制作実習」では、出版社への投稿作品の制作を軸に授業を行います。商業マンガはあくまで、エンタテインメントです。作者が「好きなものを好きなように」描いては、商業作品になりません。授業で制作したマンガは、学生間や講師、現役のマンガ家、編集者などが多角的に評価し、プロとしての自覚を育んでいきます。


このページのトップへ戻る


「キャラを育む」ポイント


アニメ、ゲームとの垣根を越えた基礎学習。

アニメ、ゲームとの
垣根を越えた基礎学習。

マンガの「コマ割り」、アニメーションの「動き」や「空間表現」、ゲームの「キャラクターへの共感」。この3つのジャンルは互いに影響し合い、高め合ってきました。垣根を越えた基礎学習によって、マンガ表現のさらなる可能性を探ります。




キャラクターをひきたたせるネーム構成。

キャラクターをひきたたせる
ネーム構成。

マンガはそのすべてを視覚的に表現します。そして、その中心には常にキャラクター(主人公)がいます。日本のマンガは独自の表現を発達させ、制作工程のなかでその大きな部分を占めているのがネームです。作品を「上手くまとめる」ことよりキャラクターを「見せる(魅せる)」ネーム構成を学びます。


このページのトップへ戻る


活動分野


本専攻で身につけた知識、技術、考え方をもって活躍が期待できる主な職業です。


  • マンガ家
  • マンガ原作者
  • イラストレーター
  • キャラクターデザイナー
  • 絵本作家
  • 編集者

このページのトップへ戻る


  • お電話での資料請求・お問い合わせはこちら
    お電話での資料請求・お問い合わせ受付時間/9:00~17:30 ※日曜・祝日除
  • お電話での資料請求・お問い合わせはこちら
    お電話での資料請求・お問い合わせ受付時間/9:00~17:30 ※日曜・祝日除
  • インターネットでの資料請求はこちら
    資料請求