大阪エンタテインメントデザイン専門学校は、エンタテインメント領域で活躍できる「個性あふれるプロ」を創出する専門学校です。

  • お電話での資料請求・お問い合わせ

    0120-930-984 受付時間/9:00~17:30※日曜・祝日除く0120-930-984 受付時間/9:00~17:30※日曜・祝日除く
  •  

    資料請求 お問い合わせ 入力60秒!

大阪エンタテインメントデザイン専門学校

学科・専攻キャラクターコンテンツ学科

キャラクターコンテンツ学科の概要、各専攻についてご紹介しています。

3年制
キャラクターコンテンツ学科 image

アニメーション
専攻

自ら生み出した
キャラクターに、
「動き」という命を吹き込む。


アニメーション分野

アニメーション専攻では、まず、企画や製作、演出それぞれの役割や考え方を学びます。次に作画の実習を通して、手で絵を描く力と、それを生かすデジタル技術の基礎を習得し、「アニメーション作品を創る」ということを総合的に学習します。



「プロを育てる」ポイント


アニメーターとしての感性を育てる。

アニメーターとしての感性を育てる。

1年次の「アニメーション演習I」では、主にアニメーションの基礎的な「動き」の思考を養うための課題に取り組みます。2年次の「アニメーション演習II」では、自らの自由な発想のアニメーション表現をめざします。




視聴者やプロデューサーの視点で、作品をチェック。

視聴者やプロデューサーの視点で、
作品をチェック。

アニメーション作品には、必ず視聴者が存在します。視聴者に対して作品の意図を伝えるには、どのような動きが必要なのか、また、そのためにはどういった技術・技法が必要なのかを、学生同士で視聴者、そして俯瞰的に作品に関わるプロデューサーになりきって追求します。


このページのトップへ戻る


「キャラを育む」ポイント


キャラクターの本質に合った動きを演出。

キャラクターの本質に合った
動きを演出。

アニメーションの特長は、人間はもちろん、木や石ころ、自然のなかにあるものすべてをキャラクターとして動かすことができることにあります。それらをキャラクターとして見えるようにするための思考法、演出法そして技術を研究していきます。




マンガ、ゲームとの垣根を越えた基礎学習。

マンガ、ゲームとの
垣根を越えた基礎学習。

音楽や映画、マンガに代表されるエンタテインメントの世界は、時代の流れと共にその形も変わっていきます。先人たちが時代の変化にどう立ち向かい、れぞれの時代に合った表現を創り上げてきたのかを分析しながら、これからの時代のメディアの変化に適応していく「考え方」を育成する授業を展開しています。


このページのトップへ戻る


活動分野


本専攻で身につけた知識、技術、考え方をもって活躍が期待できる主な職業です。

  • アニメーター
  • アニメーション作家
  • キャラクターデザイナー
  • 背景美術家
  • 3DCGクリエイター
  • アニメーション製作プロデューサー

本校のキャラクター「ネコ虫」動画!

本校、副校長でアニメ監督の杉井先生制作の本校のキャラクター「ネコ虫」を学生たちがアニメーションに編集制作しました。可なり細かな動きまで付けることが出来ました。アニメの醍醐味を本校で味わって、学んでみませんか?



このページのトップへ戻る


  • お電話での資料請求・お問い合わせはこちら
    お電話での資料請求・お問い合わせ受付時間/9:00~17:30 ※日曜・祝日除
  • お電話での資料請求・お問い合わせはこちら
    お電話での資料請求・お問い合わせ受付時間/9:00~17:30 ※日曜・祝日除
  • インターネットでの資料請求はこちら
    資料請求