大阪エンタテインメントデザイン専門学校は、エンタテインメント領域で活躍できる「個性あふれるプロ」を創出する専門学校です。

  • お電話での資料請求・お問い合わせ

    0120-930-984 受付時間/9:00~17:30※日曜・祝日除く0120-930-984 受付時間/9:00~17:30※日曜・祝日除く
  •  

    資料請求 お問い合わせ 入力60秒!

大阪エンタテインメントデザイン専門学校

学科・専攻キャラクターコンテンツ学科

キャラクターコンテンツ学科の概要、各専攻についてご紹介しています。

3年制
キャラクターコンテンツ学科 image

学科の概要

多くのファンに愛される、
魅力的なキャラクターを
創造する。


学科の概要

キャラクターコンテンツ学科は、核となるキャラクターを創造することを中心に学習し、コンテンツを完成・発展させることに主眼を置いた学科です。

ジャンルにとらわれない創造力を身につけるため、3年間のうち2年間は総合学習に注力し、最終学年にそれまでに培った能力を各分野において集中することに特色があります。



キャラクターコンテンツ学科の特長


魅力あるキャラクターを創り上げる力を身につける。

魅力あるキャラクターを
創り上げる力を身につける。

キャラクターコンテンツの分野では、デッサンや絵の表現力、豊かな発想力、画面の構成力などさまざまな技術が求められますが、最も重要なのは「魅力的なキャラクターを創造する力」です。

歴史に残る作品には、必ず魅力的なキャラクターが数多く登場します。いくら絵が上手くても、登場するキャラクターが魅力的でなければ一大ブームとなるような作品を生み出すことはできません。そこで本学科では、キャラクターの創造についてとことん掘り下げ、学習していきます。




ジャンルをクロスオーバーして学ぶ。

ジャンルをクロスオーバーして学ぶ。

今はマンガ家が映画監督をし、マンガ原作者がゲームクリエイターになり、アニメーターがマンガを描く時代。自分の可能性を最初から「ここまで」と決めつける必要はありません。

本学科は、いきなり専門分野を1つに絞るのではなく、まずさまざまなジャンルを学んだ上で、専門性を追求できるカリキュラムになっています。




活躍の場を広げる、デジタル制作技術を身につける。

活躍の場を広げる、
デジタル制作技術を身につける。

プロの現場ではデジタル制作が普及しているという事実から、デジタル制作技術を学ぶ実習を設けているのも本学科の特長の1つです。

もちろん、「手で描く技術」の修得を基本に据えていますが、コンピュータでマンガ特有の色合いを出す手法なども併せて学んでいくことが可能。キャラクターコンテンツが重要視される現場で、即戦力として活躍できる人材を育てます。


このページのトップへ戻る


キャラクターコンテンツ学科の学習課程


1年次

「キャラクターデザイン」「マンガ」「アニメーション」「ゲーム」の
専攻を分けず、基礎の向上をはかります。

主な授業科目

キャラクター創造論Ⅰ/コンピュータ基礎/基礎造形・平面/クロッキー/色彩基礎/英会話Ⅰ/作画基礎/キャラクターデザイン演習

2年次

1年で学んだ4専攻の中から将来目指す1専攻に絞り、
専門的な知識や技術を学びます。

主な授業科目

基礎造形・立体/海外研修/キャラクターデザイン/デジタルマンガ/シナリオライティング/マンガ制作/アニメーション技法/ゲーム制作

3年次

総学習時間の2/3を自主作品の制作時間に充て、
経験を積み重ねることでプロを目指します。

主な授業科目

キャラクターと著作権/ワークショップ/キャラクターマーケティング/作品研究/マンガ制作/アニメーション制作/ゲーム制作/ポートフォリオ制作


このページのトップへ戻る


  • お電話での資料請求・お問い合わせはこちら
    お電話での資料請求・お問い合わせ受付時間/9:00~17:30 ※日曜・祝日除
  • お電話での資料請求・お問い合わせはこちら
    お電話での資料請求・お問い合わせ受付時間/9:00~17:30 ※日曜・祝日除
  • インターネットでの資料請求はこちら
    資料請求